「夢のあと」2016年、豊田市美術館(愛知/日本)、写真:福永一夫
「回帰」 2016年、メルボルン・フェスティバル(メルボルン/オーストラリア)、写真:James Henry
「不確かな旅路」2016年、ブレイン・サザン(ベルリン/ドイツ)、写真:Christian Gläser
「長い1日」2015年、K21 - ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館(デュッセルドルフ/ドイツ)、写真:Sunhi Mang
「眠りは死に似ている」パフォーマンス風景、2016年、ダニエル・テンプロン(ブリュッセル/ベルギー)、写真:José Huedo
「掌の鍵」、2015年、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展  日本館(ヴェネチア)、撮影:Sunhi Mang
「夢のあと」2016年、豊田市美術館(愛知/日本)、写真:福永一夫 「回帰」 2016年、メルボルン・フェスティバル(メルボルン/オーストラリア)、写真:James Henry 「不確かな旅路」2016年、ブレイン・サザン(ベルリン/ドイツ)、写真:Christian Gläser 「長い1日」2015年、K21 - ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館(デュッセルドルフ/ドイツ)、写真:Sunhi Mang 「眠りは死に似ている」パフォーマンス風景、2016年、ダニエル・テンプロン(ブリュッセル/ベルギー)、写真:José Huedo 「掌の鍵」、2015年、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館(ヴェネチア)、撮影:Sunhi Mang
お知らせ

オペラ『松風』の日本初公演が決定いたしました!
舞台美術として作品制作をしたオペラ『松風』が来春日本初演を迎えます。
現代を代表する作曲家・細川俊夫氏と世界屈指のドイツ人振付家サシャ・ヴァルツの演出・振付によって誕生したこの作品が、
2018年2月16から18日の3日間、東京の新国立劇場にて公演されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

現在開催中
2017年6月18日 - 9月10日
オープン・アート・ビエンナーレ」グループ展(エレブルー/スウェーデン)
2017年5月27日 - 11月5日
ル・アーヴルの夏2017:開港500年祭」グループ展(ル・アーヴル/フランス)
2017年5月24日 - 8月13日
「向こう側」グループ展、ヴィルヘルム・ハック美術館(ルードヴィッヒスハーフェン・アム・ライン/ドイツ)
2017年5月20日 - 7月22日
「目的地」個展、ギャラリエ・ダニエル・テンプロン(パリ/フランス)
2017年5月20日 - 10月15日
「良い時間を:20周年記念展」グループ展、ミンモ・スコニャミリオ・アルテコンテンポラネア(ドモドッソラ/イタリア)
2017年4月28日 - 7月30日
「ボディ・メディアII」グループ展、パワーステーション・オブ・アート(上海/中国)
2017年4月21日 - 8月28日
ヘアニング・ビエンナーレ:地球の台座」グループ展(ヘアニング/デンマーク)
2017年4月8日 - 11月25日
その線を通り抜けて」パフォス欧州文化都市2017(パフォス/キプロス島)
2017年6月3、30日
ジークフリード」監督ダニエル・カラセック、リヒャルト・ワグナーによるオペラのステージ・デザイン、キール劇場(キール/ドイツ)
2017年3月8日 - 6月25日
「ダニエル・テンプロン: 画廊の肖像」グループ展、ベルナード・マグレ文化財団(ボルドー/フランス)
2017年2月21日 - 8月6日
「永遠の線」個展、SCAD美術館(サバンナ、ジョージア州/アメリカ)
2017年5月20日;7月9日
冬物語」監督ダニエル・カラセック、ウィリアム・シェイクスピア戯曲のステージ・デザイン、キール劇場(キール/ドイツ)
今後の予定
2017年6月24日 - 10月15日
「ビトゥイーン・ザ・ライン」個展、北ブラバンツ博物館(スヘルトヘンボス/オランダ)
2017年7月15日 - 11月5日
「クライン・コレクション」グループ展、シュトゥットガルト美術館(シュトゥットガルト/ドイツ)
2017年9月3日 - 10月22日
奥能登国際芸術祭、グループ展(石川県珠洲市/日本)
2017年9月29日 - 11月19日
「失われた言語」個展、聖ニコライ教会(ベルリン/ドイツ)
2017年10月14日 - 2018年4月15日
「良い時、悪い時。どう操作するか」グループ展、フライブルク現代美術館(フライブルク/ドイツ)
2017年10月18日 - 2018年4月15日
「筏-アートは孤独(ではない)」グループ展、ミュゼー(オストエンド/ベルギー)
2017年10月27日 - 2018年4月2日
個展、コーデー・ ベルゲン美術館(ベルゲン/ノルウェー)